ロザリオアイキャッチ

ロザリオアイキャッチの下線
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

夏休みの秩父 きのこ観察&体験の旅 2019

今年で7回目となる、私が姪っ子を連れて行く夏休みの旅、秩父。なんと7回目に突入。

一番上の子は、小学2年生だったのが、今や中学2年生。そして、5年生と一年生の3姉妹。

段々大人になり、私は楽になりましたが、今度はいつまで一緒に来てくれるかが不安になり始めました。

 

いつものように、池袋からレッドアロー号で横瀬駅へ。

 

宿に着いたら、早速散策。

今年は暑すぎたせいか、今一つの状態。いつも見るのとは種類の違う小さめのキノコがぽつぽつ見つかるだけでした。

一番上のツリガネタケらしき物は、ここ数年同じ木に生えています。これはとても大きいです。

この木は、菌に占領されているみたいです。

 

お風呂の後、夕食は次から次へと出てくる大変なご馳走です。凄い量で、私は全然食べきれないのですが、

上の子はほとんど完食。そして、夜食の味噌ポテトと焼きおにぎりまで、子供達は食べるのです。

育ち盛り。

 

翌日は起きたら再びお風呂に入り、朝食を頂き、宿の方に送られ、小松沢レジャー農園へ。

椎茸狩りと、マス掴み取り。

 

戦利品を炭火で焼くのはねねの役。全部ぺろりと食べて、デザートはかき氷。

 

お土産を沢山買い、横瀬の駅へ戻り、遅いお昼を食べて、レッドアロー号で帰ります。

レッドアロー号の中でも、お菓子を食べっぱなし。

 

夏休みの旅は、来年も続くのでしょうか?一番上の子は、高校受験なので、どうなるかわかりません。

でも、今年もみんな楽しく旅を終え、とりあえず来年の話をしていました。

この後、池袋に妹夫婦が迎えに来ていて、千駄木の実家に行きました。そして、大人は酒盛りです(笑)

 

子供が育つ時、大人も勉強します。育つというのは、面白い物です。自分もこうやって

育ってきたはずなのですが、とっくに忘れてしまっていることばかり。大人の立場になって、子供の成長を見ると言うことは、

忘れたことを思い出すと同時に、その、意味を、大人として考える素晴らしい機会です。

 

また、来年も夏休みは続きます。

 

 

 

 

 

comments(0)

久しぶりの北海道です

数年前の夏休みに訪れた北海道は、雨や暑さであまり快適ではありませんでしたが、

今年は台風が近づいていたにもかかわらず、それ程悪くは無かったです。

しかしながら、やはり年々暑くなっているのも事実。今後の北海道については、どうなるかはわかりません。

 

登別で一泊、洞爺湖で一泊、札幌で一泊、小樽で一泊の4日間ですが、以前もそうでしたが、小樽が一番暑い。お寿司は最高なんですが。で、一番のパワースポットは、やはり洞爺湖のようです。

 

ウインザーホテル洞爺は、大好きな一流ホテルです。以前に来た時は、霧で湖がほとんど

見えなかったのですが、今回は素晴らしくよく見え、部屋からの景色は最高でした。

 

 

別館のような所には、温泉があり、スパもあります。部屋からバスローブとスリッパで移動できるようになっていて、

リラックスして温泉へ行けるようになっているのです。

 

なにより、ミシュラン二つ星の、『ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン』が凄いですね。

 

 

ここでも、全面のガラス窓から、洞爺湖が一望できます。以前は花火を上げていたらしいのですが、

残念ながら今は無いみたいです。目で楽しみ味わえる、遊び心は驚くほどで、料理もアートなんだと実感します。

食べ物という概念を超え、オブジェのようで、これは全部食べられるのですか?と、聞く始末(笑)

2度目だったのですが、3度目もありです。

 

清潔で、ゴージャスで、ゆったりとしたリゾートホテル。いつか、しばらくの間滞在してみたいものです。

 

今回の北海道の感想ですが、小樽は景気が悪そうでした。繁忙期だというのに、食事やお店が

ほとんど9時で閉店。夜は閑散としています。特に、ロシアが密漁していた関係などから、

蟹やウニがとれなくなり、3培近くも値上げしていて、不景気に拍車をかけています。ガラスは相変わらずで、

良い物も沢山あるのですが、売れている感じはあまりありません。お寿司は、最高です。

安い上に、東京ではあり得ないネタと、お店の真摯な心が伝わってきます。お酒も美味しいですね。

地ビール、日本酒、ワイン。土地のお酒が楽しめます。

 

今回、初めて生のニシンのお寿司を頂きましたが、

とろけるようでした。

ノドクロのあぶりも凄かった。蝦夷バフンウニが一番好きですが。中トロをあぶって、

まるで神戸牛ステーキのようになったものと、小樽の日本酒がマリアージュでしたね。

ボタンエビは、ワタまでいけます。

 

まあ、北海道は、最高のグルメツアーですね。来年も行きたいです。

 

 

comments(0)

究極のガラス

究極のガラスとは、一言で言っても、多分意見は分かれるでしょう。

私の師匠のように、ガラスでこんな事ができるのかという、神の手の彫刻。

または、巨大なオブジェや、細かいパーツを集めた仕事。

 

私の究極は、ため息の出るような美しい作品です。

 

ここのところ、工房はポットが割れたり、展示ラッシュで製作に入れない日々が

続いています。師匠である、伊藤けんじさんの講座はとっている物の、私のクラスの講座生は、

カルチャースクールのような感じで、本格的なプロを目指している人は居なく、

ここ数年ぶっ飛ばし続けた私には、温度差のある物と化しています。

 

制作に入れない私は、自由制作の講座をとり、細々と作品を研究している感じです。

で、がんがん吹けない今、とにかく美しいガラスを研究しています。

短い時間で、講座でも制作できるのが『ダイクロ』です。ダイクロは、金属をガラスに吹き付けた物で、

玉虫のような光沢を持ちます。

 

これがダイクロのガラス材料と、制作した金箔入りソリッド。

 

なんだか講座を止めたくなり、昨日けんじさんに相談しました。

まあ、困らせるだけなのですが、もう、手も足も出なくて、鬱病になりかけていたのです。

ひとしきり話をしたら少しは落ち着きましたが、

誰にも言えずにもんもんとしていたので、話した後、なんだか涙がにじんできました。

制作できないアーティストは、フラストレーションのかたまりです。

 

まあ、秋になればグローリーのレンタルも余裕ができて、制作に入れるよと言ってもらって、

もちろん、講座を止めても時間の有るときは教えてくれると言われましたが、

様子見です。

 

で、あがってきたダイクロの新しい作品にクラックが入っていて、仕方無しに、加工して、

行きつけのロシアレストランへ行きました。

いつも、難ありのB品をあげに行くのです。ママのジーナさんが私の前にあげたソリッド『ペーパーウエイト』を

幾つか出してきて、ライトの上にのせてくれました。

写真にはうまく写らないのですが、こればびっくりするくらい美しく、ガラスは、見せ方だと

教えてもらいました。クラック入りのダイクロもこの通り。他の物も、自分の作品とは思えない美しさ。

 

 

今度、ここでガラスのイベントをやりたいという話になり、でも、ジーナさんの希望として、

ガラスのマトリョーシカを作って欲しいと言うことでした。小さなサイズの

ものを作り、上から大きな物をかぶせて、中にライトを入れるそうです。

やってみると約束しました。それと、ルームライトをソリッドで作る研究をしようと思います。

夏はアシストが軽井沢へ出払うので、ソリッドは一人でもできますし。

 

どんな状況でもできることはある。腐っていないでガンガン行きます。攻めることが最大の防御。

昔、ニューヨークのエンパイアステートビルから、見た自由の女神を思い出しました。

私はいつも自由。やりたいことはなんでもやるし、できる人間。

誰にも負けない美しいガラス作品を作ることでしか答えは出せない。けんじさんも、そんな私を応援してくれるはずです。

 

 

comments(0)

レントゲンレコードと、ウォッカで、ロシアを思う

昨晩、中目黒にある、家の裏の地下『かふぇたぬきや』というロシアレストランで、

「肋骨レコードを聴く会」がありました。

これは、冷戦時代、ロシアで禁止されていた外国の音楽を、闇で販売していた人達の

お話が中心です。

 

どうしても外国の音楽が聴きたい!彼等は、考えたあげく、レントゲン写真を

レコードにして、音楽をコピーしたのです。レントゲン写真は、病院で廃棄する物を、

格安で手に入れたそうです。

 

それを丸く切り、レコードのシートにして、色々な音楽をコピーして闇で売っていました。

今回は、モスクワ放送日本課に勤務後、日本でテレビ制作会社に勤務し、ロシア関係の番組等を

制作している方のお話で、とても興味深いものでした。

 

彼が手に入れた肋骨レコードを聴かせてもらいました。

 

写真ではわかりにくいですが、レントゲン写真なんです。

もちろん、古くなっているせいもあり、音は最悪でしたが、面白かったです。

これらを作っていた人達は、ロシア警察に捕まり、シベリア送りになってもへこたれず、

出所すると、更に良い物を作ろうと挑戦し続けたらしいです。

 

私は言いました。当時は犯罪者だったのかもしれませんが、これは芸術の自由のための戦い。

ドラッグや、拷問、と言ったネガティヴな話ではない。

誰も傷つけていない。

 

彼等が製作を止めなかった理由は、自分達がしていることは、犯罪だと思っていなかったからなのだろうと

考えます。

 

当時、肋骨レコードでしか聞けなかった音楽が、今ではCDで販売されています。

でも、そのCDには、肋骨のレントゲン写真が印刷されている。それを見ながら、ウオッカを飲む。

そんな会は、最高でした。

 

 

私としては、そんなにまで、人の心を引きつけた音楽を作り、歌ったアーティストが羨ましい。

レントゲンに刻まれた、アーティストの作品は、一筋の光のようでした。

 

戦争下で美術館の作品を必死で守ったロシア人。エルミタージュ美術館。

彼等の芸術を愛する心が、アーティストの端くれでもある

私に、何か共鳴する物があると感じました。

私のガラス作品(B品)を飾ってもらっているので、それもリスペクトされました。

今度はAを持って行っておこう(^^;)

 

お土産は、ロシアの美味しいクッキーでした。

 

 

comments(0)

ガラス作品への褒め言葉

今頃になって、春の京都での展示が、とても懐かしくなります。

また、来年企画はしている物の、その前に遊びに行きたいと思います。

 

あの展示では、お客様に沢山のお言葉を頂きました。

それは全て褒め言葉で、批判的なお言葉は無かったように思われます。

残念だったのは、売れてしまった作品を欲しがられるお客様が多く、

人気のある物は、やはり決まってきます。

 

特に人気だったのは、お香立てでした。

 

 

手軽な一輪挿しも人気でした。今回の京都での断トツ人気カラーは、これらの青紫。

 

 

綺麗な作品ですねと、何度も同じお言葉を頂きました。どうやって作るのかとか、色々な質問も頂きました。

ただ、1番嬉しかったお言葉があります。

 

「ガラスがこんなに綺麗だと、初めて知りました」

 

特にうちの工房は、日本でトップの作家である、師匠が経営しているので、ガラスは最高の品質ですから、

クリスタルですかと聞かれることもありますと、お答えしておきましたが、

そのガラスを生かすも殺すも作家次第。私は、少なくとも生かせたのだと、その時、感無量でした。

 

今から、来年が楽しみです。

 

 

comments(0)

« 前のページ    全 [27] ページ中 [1] ページを表示しています    次のページ »