ロザリオアイキャッチ

ロザリオアイキャッチの下線
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Hotel California

学生時代、イーグルスのホテル・カリフォルニアが流行り、ロスアンゼルスにあこがれていました。

大学時代、ハワイへ行くチャンスがあり、それからはハワイへよく行きましたが、

LAのはそのすぐ向こうなのに、行けずにいました。

 

20代半ば頃、運転免許はあったものの、ペーパードライバーで、

LAは運転できないと地獄と言うことで、お金を出して、弟を連れ出し、ついに弟とLAデビューを果たしたのです。

 

その後、伊豆のゴルフ場でしばらく働いていたので、何とトランスミッションの車を与えられ、仕事の後、

そのコースで、プロにゴルフでは無く、車の運転を特訓され、ゴルフより運転がうまくなりました。

 

で、LAに行くようになりましたが、妹や友人と訪れ、レンタカーで、あの、カーチェースの様なフリーウエーを、

やばいことだらけで運転し、それでも奇跡的に無事故で、最終的には、一人で行くようになりました。

 

 

ホテル・カリフォルニアは、ビバリーヒルズホテルがモデルと言われ、当時、成功者が集う場所という設定でした。

しかしながら、その内容は、成功者の孤独とむなしさ、そして、ドラッグをにおわすような退廃的なものでした。

 

大学時代の友達を引っ張り出し、あのホテルに一泊だけしました。とても高額なので、それきりです。

あとはモーテルや、ロッジ。

今は一泊200ドルくらいのホテルなら泊まりますが、あそこは多分現在600ドルくらいかと・・・・。

 

コロナ時代に突入し、海外へ行けない今、国内での活動に切り替え頑張っていますが、若かった頃の自分が、

あの、ホテル・カリフォルニアと重なります。

究極の上昇志向と、どろどろに戦った時代はもう終わるのでしょうか?

一人でLAのホテルにいると、かつては孤独とむなしさを半ば楽しんでいましたが、最近は姪達に買うお土産のことで

頭が一杯です。

 

それでも、まだ心は渇いている。誰にも理解されないサンクチュアリがあって、それを思うとき、

私の視界には、カリフォルニアの光景が広がるのです。

ライバルを蹴落とし、クライアントに媚び、脚光をあびる。

心はティファニー・ツイステッド。思い出すために踊り、忘れるために踊るのです。

 

 

comments(0)

« 前のページ    全 [5] ページ中 [1] ページを表示しています    次のページ »