ロザリオアイキャッチ

ロザリオアイキャッチの下線
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
main

螺鈿と真珠の美しさに捕らわれて

私、神谷雅美は、ガラス作りと格闘しているのですが、特に、

今の時期は、螺鈿や玉虫、虹やオーロラの様な夜光の美しさを表現したいモードになっています。

 

昨年、香港のカオルーン・シャングリラホテルに宿泊した際、ショップで売っていた

螺鈿の宝石箱を見初め、購入して、手荷物でそれは大事に持ち帰りました。

あまりに美しいので、放ってはおけなかった(笑)

 

 

 

螺鈿というのは、貝を使った工芸品で、夜光貝、白蝶貝、黒蝶貝、アワビ、あこや貝

等を使って絵柄を仕上げる素晴らしいアートです。

写真ではなかなか伝わりませんが、その輝きは格別です。宝石を入れる為の、宝石でできた箱のごとく、

私を虜にします。

 

数年前、弟夫婦が、どこだったかアジアのお土産に買ってきてくれた

トレイも、また、美しい輝きです。

 

これは、裏まですごい。

 

アジア系の人種は、手が小さいので、とても器用だと言われていますが、

西洋のクラフトとは、また、ひと味違った、怪しげな美しさがあると思います。

 

最後に、これらの貝は、真珠の母貝となる物が多く、

白蝶貝や、黒蝶貝、あこや貝は、その代表です。近年私もその真珠に

はまっています。若い頃は、ダイヤやサファイヤ等の石に夢中でしたが、

真珠の持つ、有機的な独特の美しさに惹かれ始めました。

 

こちらは、ミキモトの最高級品です。

 

 

うっすらと、ピンクグレイのガラスが一層表面にかかっているかのような、

神秘的な輝きに癒やされます。

 

こんな風に、美しくて、癒やされるデザインのガラス作品を作りたいと、

必死になっているわけですが、師匠のけんじさんに、究極の美しいガラスを

作る為の技を、教え込まれています。

 

技で作り上げる人工物で、天然の美しさに勝てたらと・・・。

ライバルは、美しく生まれてきた、幸せな美女達なのでしょうか?

高校時代、漢文に出ていた、『葡萄の美酒・夜光の杯』と言う言葉。

あの言葉が好きだった。葡萄の美酒を愛し、夜光の杯(ガラス)を愛し、

成績はさっぱりだった漢文を、日々、思い出すのです。

 

 

 

 

comments(0)
Comment
name:
email:
url:
comments: