ロザリオアイキャッチ

ロザリオアイキャッチの下線
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
main

初めてのガラス

どんな大作家にも、初めてがあるはずなのですが、ガラスを始めてこの4月で6年になるこの私にも、

初めてのガラス体験がありました。

2005年、小樽のk'sブローにて、一輪挿しを作りました。それがこの作品。

 

 

で、先日作った小さな花瓶がこちらです。

 

まあ、使用前使用後ではありませんが、きちんと作家になれました。

2005年の小樽は、私がまだ香り作家で、まさかガラスをやるとは思っていませんでしたが、

子供のころからヴェネチアングラスにあこがれていて、

自分の作った香水を、ヴェネチアングラスのボトルに入れるのが夢でした。

 

まあ、そんな流れで、ガラスに繋がっているのですが、この体験の時のビデオが、

笑えるくらい若くて、緊張でガチガチ。顔色まで悪いんです。

しかも、一緒に行った、年の離れた主人が、ビデオを撮ってくれたんですが、あまりに接近しすぎて、

「おとうさん、危ないですよ!」と、言われていたのを覚えています。

 

その後、ヴェネチア館で、沢山の作品を見て、カーニヴァルの姿で写真撮影。

 

 

こちらも緊張しすぎて、まるで人形。でも、自分的には最高の思い出だったんです。

それから数年、香りの仕事が減り、ニューヨークにしばらく居たり、色々考えて、

一大決心でガラスをやることにしました。

幾つになっても、チャレンジ精神は失っていません。自分よりずーっと若い先生に

教わり、少しだけ年上の師匠におんぶにだっこで助けられ、ヴェネチアへも行き、

あの頃の夢を追い続けています。

 

この4月に京都で展示を企画しています。

必死で作品を作り、そして、必死で営業し、もし、全く駄目なら、ガラスを止めるかもしれません。

いえ、これでだめならもう止めたいと思うほど、頑張るのは大切です。

ただ、どうでしょう?結果を見るのが怖い。

作家はいっだって、作品を生み出す苦しみと、作品に付けられる評価におびえながら生きている

かわいそうな生き物です。でも、

こんな思いをし、一円にもならないどころか大損害でも、自分の人生に悔いが残らないくらい

自分が空っぽになれたなら、きっと幸せな生き物です。

頭の中にある色々な物が重くて、仕方がないのですから。

comments(0)
Comment
name:
email:
url:
comments: